artisanコマンドを用いてwebスクレイピングをしよう ~2. Goutte導入~

artisanコマンドを用いてwebスクレイピングをしよう ~2. Goutte導入~

こんばんは、のるぼるのんです。

前回に引き続き、ウェブスクレイピングを一から勉強していきたいと思います。

 

今回は、Goutteを導入し、このブログのトップページの情報を抜き出してみたいと思います。頑張りましょう。

(なんて読むんだろ、、、)

 

1.Goutteをcomposerでプロジェクトに導入、app.phpに記述。


composerで導入します。

ver 1.0が導入されました。

 

app.phpに記述を追加し、使えるようにします。

・app.php

 

さあて、Scraping.phpを進化させましょう。

 

2.Scraping.phpに記述


 

実行結果は、、、

ふむふむ

オロロロロロロrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr

 

情報の取得は出来ましたが、こんなんじゃ目的を達成したとは到底言えません

Goutteのフィルタリングを理解する必要がありそうですね。

 

次回はGoutteについて、色々やって見ていこうと思います。よろしくお願いします!

あ、ちなみにGoutteは「グート」と読むらしいです。

 

Laravelカテゴリの最新記事