Laravel5.7 新機能 dump-serverを試してみた

Laravel5.7 新機能 dump-serverを試してみた

こんばんは、いまだに風邪が治らないのるぼるのんです。

 

さて、今回は久しぶりのLaravel記事。Laravel5.7の新機能、dump-server機能を試してみます。

公式曰く

「Laravel5.7では、Marcel Pociotによるパッケージにより、Symfonyのdump-serverコマンドを統合しました。利用開始するには、dump-server Artisanコマンドを起動します。

サーバを起動すると、すべてのdump呼び出しはブラウザの代わりに、dump-serverコンソールウィンドウに表示されます。それにより、HTTPレスポンス出力をごちゃごちゃにしなくても、値を確認できます。」

とのこと、早速やっていきましょう。

 

今回使うデータはこんな感じ。商品テーブル(名前、価格(100~10000円)、作成日、更新日)。

laravel factoryを使ってさっと準備しました。

 

一件取得してコンソールに表示

コントローラーを作るのもなんだかなあ、て感じなので、make:authしてHomeController::index()に記述していきます。

コンソール上の出力はこんな感じ。

id=55の9969円がもっとも高いようです。最初からattributeやoriginalを開いて表示してくれるのは、さっと確認できていい感じですね。

でもこれだとall()とかで、大量のデータを取得した時なんかはちょっと見辛そう、、、

 

大量のデータを取得してコンソールに表示

データの後半が潰れてしまいました。表示できる件数に制限があるのか、文字数制限があるのかな?まあでも流石に90件近くのデータを取得して確認する、とかはあまりやらないので問題ないでしょう。

ちなみに、attribute, originalも閉じて表示されて、展開出来ませんでした。多数のデータの表示は想定されていないようです。

 

Requestを表示させてみた

情報量が多すぎる。。。自動展開があだになっているパターンですね。インデントが揃っているのは良いのですが、情報量が多すぎるので結果見辛いですね。。。

 

結局

使用してみた感想ですが、大量のデータを表示させる、というよりも取得した一件のデータや、Auth:user()、$request->all()など、ある程度限られた情報を素早く確認する、というのを目的に使用する使い方があっていると感じました。

画面に小さいターミナル開いておくとか、、、その辺りは状況によって使い分けてください。個人的にはdump(), dd()で十分かな。

 

ちなみにdd()を使用すると、、、

ブラウザ画面は真っ白。dump()はコンソールで + exitが処理された感じになります。(まあ、dd()の内容的にもその通りなのですが、、、)

dd()の使い易さが死んでいるような気がするのは私だけですかね、、、

使ってる方、便利な使用方法を教えてください、、、

Laravelカテゴリの最新記事