朝霧Jamを楽しむ為に注意する事~夜中のキャンプ場はさながら森~

朝霧Jamを楽しむ為に注意する事~夜中のキャンプ場はさながら森~

こんばんは、朝霧Jam以降、山か海かキャンプに行きたい欲が増大しすぎている男、のるぼるのんです。

以前記事にしましたが、数週間前に朝霧Jamというフェスに行ってきたわけです。

朝霧Jamは富士山麓アリーナ・ふもとっぱらで開催される、雰囲気重視の音楽フェスを、キャンプしながら楽しもう!というイベントです。(公式HPはこちら

富士山を望みながらのバーベキュー、星がよく見える夜のキャンプ場、遠くから聞こえてくる音楽、会場に行けばフェスを楽しむ、、、

非常に素晴らしい三日間でした!

とても楽しかったのですが、「キャンプっしょ?ヨユーヨユーw」とざっくり計画、準備で行った自分を叱りたい。。。

こんな所注意しておけばなーとか色々あったので、来年の開催に向けて、記憶が薄れないうちに記事にしておこうと思います。

 

やらかした事一覧

・朝出るの遅すぎてがっつり渋滞にハマる

朝霧Jamが開催されるのは絶好の行楽日和、10月体育の日の三連休です。そんなに移動するわけですので、東名高速も中央道も混みに混みまくってます。

今回、私は二日目にライブを楽しむつもりでしたので、初日は8時に茨城を出たわけです。12時にやっと八王子に近づき渋滞30kmと聞いて、トイレも行きたいし早めに高速を外れ、甲州街道からのんびり行こうとしたのですが。。。

甲州街道も激混みでした。ちっきしょおおおおおおおおお(すいません)

中央街道も山間を抜ける一本道であり、逃げ場がなく、下道で行こうとしたドライバーが集まる為、「中央道が渋滞する」=「甲州街道も渋滞する」の図式が成り立っているということをその時は知らなかったのです。。。

中央道の渋滞を回避する方法はこちらのサイトに紹介されています。中央道をルートに考えているかたは、一度ご覧になってみてください。

 

・ライブ会場の霧が凄すぎて秒で迷子になる

そんなこんなで会場に到着し、車に荷物を置いて友人が立てておいてくれたテントの場所もろくに確認せず(←重要)ライブ会場に行ったわけですが、初日の天候は雨(時々曇り)、そして霧。周りは徐々に薄暗くなっていく時間帯でした。

そんな折、右を歩いていた友人がこう行った訳です。

友人 「ビール買いたい!買いに行こうぜ!」

私  「ああ^〜いいっすね^〜」

そして動き出そうとしつつ右をみる私、いない友人。

あ、すぐ近くの露店にいたわ〜、焦った〜^^

すぐに合流、雨に濡れつつ、ビールを片手に別会場へ。移動中にビールを飲みきった友人がまたもこう言ったのです。

友人 「ビール飲みたくない?」

私  「ああ^〜」

右をみる私、いない友人。

F●●●●●●●●●●CK!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

何が言いたいかというと、山は霧が出やすく、ライブ会場はステージを目立たせる為、露店以外の照明はあまりありません(通路、運営本部テントなど除く)。

人も多く非常にはぐれやすいので、すぐにお互いを見つけるためにも、目立つ服装をした方がいいでしょう。(青とか黒のパーカーなんて持っての他だぞ!友人よ!そして俺よ、携帯はしっかり充電しておけ!)

雨具でもこれくらい派手なものの方がいいかもしれないですね。これでも全然地味です。

 

・夜のキャンプでがっつり迷う

昼間、キャンプ場に到着した私は車に荷物を起き、テントの場所も確認せずにライブ会場へ直行しました。

そしてひとしきり楽しんだ後、夜になり、テントへ誘われ、バーベキューが始まったのですが、、、

お酒も入り、時間もたち、トイレに行きたくなったのです。

 

友人 「すぐ近くだよー、あっちにまっすぐ進んで、左にトイレが見えるよー」

 

さて、こちらの写真を見てください。ライブ会場だか、キャンプ場だかの夜の写真です。

真っ暗(^q^)そして、キャンプ場には似たようなテントがひしめき合っている。まるでテントの森である。

つまり。。。。。

はい。またです。ごめんなさい。

「日中、テントの場所を確認していない」+「携帯の充電が切れている」+「お酒が入っている」+「テントの森」+「目立たないテント」+「目立たない服装」+「ソロ行動」+「雨」=倍満です!迷子二時間半!

もっと早く誰かに携帯借りればよかったんですけど、自分だとそんなに時間経ってない(30分くらいかな?)と思ってしまったんですよねー。

何度も言いますが、夜の朝霧キャンプ地は、テントの森です。ちょっとそこまで、が思わぬ落とし穴になるので、少し出歩くだけでもきちんと持つもの持って移動してください。

特に、お子様と参加した方は、お子様から目を離すことが無いように、お願いいたします。

ちなみに私が迷子になっている時、私達のキャンプに二人迷子が助けを求めてきたそうです。やっぱりみんな迷うんやな!

 

友人 「もうお前ら電飾巻いて移動したら?目立つよ?」

 

・日中日の当たるところで昼寝して予期せぬ日焼けをする

なんだかんだ二日目、見たかったアーティストも見れて、クラムボンまでゆっくりしよう!とテントに戻りました。

寝ました。タープからちょっとはみでたまま。二日目は初日と違い、快晴でした。(初めの写真は二日目です)

暑いしなんかちょっと痛いなって起きたら、日焼けしてたんですよ、10月なのに。いやあ、山の天気ってほんと変わりやすいですね。

まあ、帽子も、日焼け止めも忘れたんですけどね←

みんなは帽子、しっかり持って行こうね!(^q^)

 

・帰りも渋滞にがっつりハマる

ちっくしょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!(ほんとすいません)

 

 

以上が、前回の記事の裏側、盛大にやらかしていた男の行動集でした。

特に、夜のキャンプ場、近くに人は多くいるので油断しがちですが、地味に危険です!携帯の充電は欠かさない、不安な場合は複数人行動、お互いを気にかけつつ、楽しいキャンプ、フェスを過ごしましょう!来年は頑張って、やらかさないぞ!

 

他にもこんなこと失敗しちゃったよー、というご経験がある方、ぜひコメントから共有していただけますと助かります!

みんなで楽しいフェスにしましょう!

LIVE Reportカテゴリの最新記事