Laravel5.6, 5.7 vendor言語ファイルをオーバーライド(Voyager日本語化)

Laravel5.6, 5.7 vendor言語ファイルをオーバーライド(Voyager日本語化)

こんばんは、のるぼるのんです。雨が多くて嫌な季節ですが、インドア派のプログラマーの皆様には関係のない話でしたね。え?アウトドア派?まあ気にせずやっていきましょう。

 

前回はset_localeで日本語化、マルチリンガル化しましたね。今回はvendor系の言語ファイルをオーバーライドして外部プラグインを日本語化していきますよー。

今回もvendorプラグインには管理画面パッケージ「Voyager」を使っていきます。是非お付き合いいただけると幸いです。

 

①Laravel5.6, 5.7 インストール

今回使用するLaravelはversion5.6もしくは, 5.7になります。

インストールはこちら

 

②Voyagerインストールと管理画面の認証を個別化

個別化はこちら

え、リンクが多い?ここまでは前準備だから、以前の記事を見て、導入してください。。。笑

 

③言語ファイル設置、フロント日本語化

まずはLaravelの日本語用言語ファイルを準備します。

コピーした言語ファイル(auth.phpなど)に日本語翻訳を加えていきましょう。

日本語翻訳のファイル内容はLaravel公式docsに記載されています。

config/app.phpを編集します

設定が完了したら、わざとユーザー登録のバリデーションに引っかかってみましょう。エラーメッセージが日本語化されていたらOK!

 

④外部パッケージの言語ファイルをオーバーライド

はい、今回のメインです。現在の設定は

・Laravel5.6インストール

・Voyagerインストール

・フロント管理画面認証分離

・フロントメッセージ日本語化

です。

 

では外部vendorの言語ファイルをオーバーライドしていきます。

ディレクトリを作成、言語ファイルをコピー

作成したvoendorディレクトリにVoyagerの言語ファイルをコピー。内容に合わせて翻訳文章を編集します。

vendor以下の名前は公式を参考に、作成ください。

 

voyager.php

コンフィグファイルの中でVoyagerのデフォルト言語を”ja”にします。

 

ではコピーしたファイルをいじって、一部日本語化してみます。

project_dir/resources/lang/vendor/voyager/ja/generic.php

サイトを見てみます。

画面右に「メニュー」という文字列があるのがお分かりでしょうか。しっかり日本語化されているようです。

 

この言語ファイルのオーバーライドはVoyager以外にも使用できますので、外部vendorご使用の皆様、こんな方法もあるよ!ということで頭に入れておいていただけると幸いです。不明点、もっとこんな方法があるよ、という方はお気軽にコメントください。

 

記事が長くなりそうですので、次回は今回の続き。Voyagerユーザー登録BREADページで言語”ja”を選択し、ユーザーに合わせた言語で閲覧できるように、VoyagerでContorller、リソースのオーバーライドをしていきます。

Laravelカテゴリの最新記事