laravel5.6, 5.7 laravel-debugarを導入する!

laravel5.6, 5.7 laravel-debugarを導入する!

こんにちは、のるぼるのるのです。

前回の記事ではLaravel 5.6, 5.7 管理画面パッケージ「Voyager」のコントローラーを編集できるようにvendor外に出力する操作をしました。

その記事で、Voyagerで使っているコントローラーはlaravel-debugbarで確認できるよ!と紹介しましたので、今回はlaravel-debugbarをインストールしましょう!

Laravel-debugbar インストール

① コマンドラインからdebugbarをダウンロード

② providerとファサードを登録

・config/app.php

これだけでOKです!画面下部にdebugbarは表示されましたか?表示されない場合は.envファイルのAPP_DEBUGを確認してください。

 

実際に確認してみる

debugbarを導入すると、こんな感じで、viewやルーティングが表示されます。

ルーティングはこんな感じ。読み込んでいるコントローラーが表示されています(以前の記事でコントローラーを外出ししているので、/App以下になっています。何も触っていなければ/vendor以下になります。)

 

他にも、実行しているクエリを確認したり、Debugbar::startMeasure, stopMeasureで処理を挟むことによって実行時間の確認が出来ます!

様々な場所で活躍するdebugbar、開発の初期に入れておきたいですね!

 

Laravelカテゴリの最新記事