Laravel5.6, 5.7, Voyager BREADのコントローラーを変更する

Laravel5.6, 5.7,  Voyager BREADのコントローラーを変更する

Laravel の管理画面パッケージ「Voyager」はかなり完成度が高く、個人で使用する分にはほとんどいじらず使用できます。

しかし、開発で使用する場合、様々な仕様変更がありますので、Controllerをオーバーライドしたり、自前で準備したりする場合があると思います。

今回は、追加したBREADのControllerを変更しましょう!

 

BREAD編集画面, BREAD info にController Nameという項目がありますので、ここに変更するコントローラーを指定します。

 

Controllerを配置する場所は

app/Http/Controllers/以下に配置し、namespaceなども合わせてください。

Controller Nameの記述方法は「ディレクトリ(ある場合)\コントローラー名(バックスラッシュを使用)」。横のModel Nameなどを参考に記述してください。

 

新たに追加したBREADは、デフォルトではプロジェクトディレクトリ/vendor/tcg/voyager/src/Http/Controllers/VoyagerBaseController.php

を読み込んでいます。Voyagerの基本機能は変えず、機能を追加したい場合はこちらのコントローラーをコピーして使用してください。

Laravelカテゴリの最新記事